少しでも高く売りたい時のマンション査定術

マンションなどの不動産価格は、常に変動しています。
長期的な不動産バブルになれば右肩のぼりにずっと価格が上がり続けるかもしれませんし、多くの人が引越しを考える時期になれば、それ以外の季節よりも価格は高めになるでしょう。

また、トレンドと言われる人気のエリアなどに建っているマンションなら、エリアの人気に伴って不動産の市場価格も高騰する、なんてことも珍しくありません。
常に変動し続けているマンションを少しでも高値で売却したい時には、どんな点に注意したら良いのでしょうか?マンション査定は、リサイクルショップで何かを持ち込んで価値を調べてもらったり、中古車を手放したりというような簡単な手続きで売却できるわけではありません。

木々

不動産の価値を調べる業者が物件を買い取ってくれるわけではなく、市場価値を査定したうえで、買い手を探さなければ売却することはできません。
どんな方法で業者が販売促進活動をしてくれるのかによっても、どのぐらいの期間で売却できるかは異なりますが、信頼と実績があり、短期間で売却できると高く評価されている業者でも、マンションを売却リストに載せてから実際に売却できて契約が終了するまでには、少なくても3か月程度の期間がかかることは予想しておいた方が良いでしょう。

離婚したり、両親の住宅を売却したりするために遠方から足を運んでいる場合などには、高く売れなくてもいいから今すぐに売却したいということもあるかもしれません。
しかし、できるだけ高値で売却したい場合には、時間に余裕をもって査定を受けることが必要です。

目安としては、売却して退去する6か月ぐらい前から売却の手続きを始めると良いでしょう
半年ぐらいの期間があれば、その間に不動産市場が変動し、高値がつきやすい時期もあれば、付きにくい時期なども経験します。

多くの人が不動産を探す時期を迎えたりすれば、買い手が見つかる可能性も大です。

 

今週の記事

とても生活しやすい

家を購入する時に悩んでしまうポイントとして、一戸建てを購入するかマンションを購入するかという点がありますよね。

どちらにもそれぞれ利点があるために、迷ってしまうものですが生活をしていく上では断然マンションのほうが生活をして行きやすいものです。

 

一戸建てでは家の管理をすべて自分で行わなければならないため、非常に大変ですが、マンションであればそのような面倒な手間は全て他の人に任せることができ、管理するのは自分たちの部屋だけで済むのです。

また、一戸建てであれば庭などの家の周囲まで手入れをしなければなりませんが、マンションの場合はそのような手間を掛ける必要がありません。
特に雪国などに住んでいる場合は、除雪の手間などを省くことができ非常に楽に生活をすることができます。

ゴミ捨てなども敷地内位にゴミ捨て場があるのが一般的ですので、遠くの場所にゴミを素敵行く必要がなく手間がかかりません。
このようにマンションは、日常生活を送りやすいというメリットがあるのです。

不動産屋をやっていくのなら駅前がベスト

不動産屋をやっていくのなら駅前がベスト
不動産屋をやっていくのならどこに建てれば良いかと言えば一番は駅前がベストになってきます。
なぜ駅前かといいますと不動産屋の主な来店客は賃貸マンションやアパートを借りたい人ですけど、そういったお客さんは地元の人も多いですけど、会社の転勤や春から学生になる方も多いです。
駅前だと県外から物件を探しに来た人を確保しやすいというのがあります。
車で探しに来る人もいますけど、電車やバスを利用して物件を探しに来る人も多いです。
そういう時に駅前に不動産屋があれば物件を探しに来ている人は入ってきます。
まずは来店客を増やすのが不動産屋を営業する上では大事ですので、来店客を増やしやすい駅前というのは立地としては最高になってきます。
ただ、できるかぎり大きな駅つまり主要な駅の近くというのが良いです。
大きな駅ほど人は集まりやすいです。
逆に小さい駅ですと人が集まりにくいですのでなかなか来店客が増えない可能性がありますので注意します。

不動産に該当する3つのもの

不動産に該当する3つのもの
不動産というと、多くの方々は「建物」をイメージする事が多いかと思います。
もしくは土地です。
実際、確かにその2つも不動産です。
一戸建てやマンションやオフィスなどは、全て不動産物件に該当します。
特に都心エリアなどでは、マンションの不動産物件は増加傾向にあるのですが。
しかしその用語は、もっと幅広いものが対象になる場合があるのです。
例えば駐車場です。
自動車にとっては必要不可欠なそのスペースも、不動産としてジャンル分けされます。
それと駐輪場も同じく駐車スペースですが、それも不動産の1つなのです。
そうかと思えば、倉庫なども不動産の一種です。
思えば倉庫は、明らかに建物ですね。
住宅やオフィスも建物ですし、倉庫も不動産の1つとしてジャンル分けできます。
このように不動産というのは、建物や土地だけでなく駐車もしくは駐輪スペースも含まれる場合がある訳です。
ですので不動産とは、「建物と土地と車の保管スペース」という3つを全て総称したものと言えるでしょう。

憧れの「美しいアパート」

憧れの「美しいアパート」
アパートという名前でいいんでしょうか。
あの、玄関で靴を脱いであがる建物のことなんですが。
部屋の中がどうなっているのかは、わかりませんが、外観だけでも、すごくいい雰囲気のところがあるんです。
かなり古い建物らしく、それなりに歴史を感じさせます。
玄関の扉が開いていて、ちらりと中をのぞきました。
あがり框のところには、大きな花瓶に、立派な生け花が見えます。
近くで見たわけではないので、もしかしたら造花なのかも知れません。
それくらい立派でした。
あまりに雰囲気がいいので、お店か何かかと思ったんですが、やはりただの住宅のようでした。
何人かが同じ屋根の下に暮らす、という意味では、マンションもアパートも同じです。
でも、住人同士の距離が近いのは、やっぱりアパートではないかという気がします。
マンションでは「一緒に生活している」などという感覚は、あまり持ちません。
そう考えると、アパートの方が、もしかしたら戸建に近いものなのかと思います。

西向きのマンションの真夏対策

西向きのマンションの真夏対策
人気のない西向きマンションですが、購入時に安いこともあり住んでいる人も多いでしょう。
どこであっても、住めば都とは言いますが、真夏の西日だけは強烈ですから、どうにかしたいという人もいるでしょう。
西向きのマンションに住んでいる場合は、午後の強力な日差しが凶とでることもあります。
節電対策でクーラーを使いたくない人もいるかもしれません。
そんなときは、可能であれば西向きの部屋のカーテンを、閉めてしまいましょう。
カーテンを閉めると、その分熱を遮断できますから快適に過ごせます。
また、西向きマンションに住む人は、早起きして午前中に活動するようにするとよいですね。
午後は何もしないでいいように、家事を前倒ししておくと、気分よく過ごせるでしょう。
そして、夏の季節は太陽の熱を阻害するフィルムを窓ガラスに張ったり、流行のつる性の葉をつたわせる緑のカーテンを使ってみるとよいでしょう。
ちょっとした工夫で、西向きマンションでも心地よく暮らせますよ。